ペン太郎+あきりんご+ほっちゃん+ゆうちゃん+あーちゃんの日記


by akitsuji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

終わらないの?

ゆうちゃんはやっと治ったと思ったのに、昨晩から熱が出てきてしまった。8時半に39.3度でまたまた座薬。こんなこと何度書いたことか…悲しい。昼間は元気で、本当に元気で、これでもう大丈夫と思っていたのに。夜中は座薬を入れているにもかかわらず、寝苦しそうにしていた。熱も38度台で熱い。咳も夜中は何度か咳込むこともあった。
そして今朝、保育参観があるから病院を早めに行く準備をしているとほっちゃんが元気なく、熱を計ると37.9度…保育参観どころじゃない。幼稚園お休みだ、とほっちゃんに告げるとしょんぼりしてしまい「…今日は行きたい」って。最近ママがゆうちゃんに掛かり切りだったから、自分のために幼稚園に見に来てくれるというのを楽しみにしていたみたい。私もほっちゃんを構ってあげられてないから、絶対行くつもりですごく楽しみにしていたから残念だった。
そんな感じで結局今日は、子供二人とも具合が悪くなってしまい、一緒に朝から病院でした。ほっちゃんは胸の音が悪いみたいで、ゆうちゃんは鼻が悪く、耳の方も中耳炎が悪くなっているみたいだから耳鼻科に行くように言われてしまった。二人とも熱だけど違う原因。耳鼻科では薬で様子を見るように言われた。
さすがに二人とも具合が悪いと、私もぐったり。ビデオを見せたりしながら、なるべく省エネモードで体を休めた。それにしても、今日は何もしていなくても汗が出るくらい蒸し暑かった。こんな日が続くとバテちゃいそう…。気合いで乗り切るぞ!
[PR]
by akitsuji | 2007-06-29 22:10 | 日記

ようやく治ったかも

f0040148_21542257.jpg

ゆうちゃんは昨日までは良くなってきているけど、まだまだ咳込むし、苦しそうだったんだけど、夜中に咳込んで起きてしまうことがなくなった。水分を取りたくて何度か起きたけど。
そして今朝からは元気な感じで機嫌も良く、咳は出るけど咳込むまではいかなくなった。胸の音も素人感覚ではあるけど良くなったと思う。もちろん熱はない。良かったぁ。長いもん。
ただ病気が長い分、甘えん坊が凄いことになっている。部屋から誰かがいなくなると泣く。もちろん私がいないなんてありえない、って感じで騒ぎまくり大泣き。トイレすら一人になれない。すぐ抱っこしてーって手をのばしてくる。出来るかぎり要望には答えてあげているんだけど、ほっちゃんもいる手前、ゆうちゃんばかりを構っていられない。我慢しているけどヤキモチをやいているのが見ていても分かる。
私を含め、ばぁばやおばも長い看病とお世話で、肉体的にも精神的にも疲れてきていて気持ちにあまり余裕がなくて、優しく出来ない。ほっちゃんが我慢していることも分かっているのに、もっといい子にしてほしいと望んでしまい、怒ってしまうことが多くなってしまう。そして、ほっちゃんはメソメソ泣く。誰も悪くない。早くゆうちゃんが完全に良くなって、みんながいつも通りになればいいと思う。あと少し!頑張らなきゃ!!
[PR]
by akitsuji | 2007-06-27 21:54 | 日記

つかの間

ゆうちゃんが元気になったと信じたかったけど、金曜の夜から咳がで始め、土曜には熱まででてきてしまった。土曜の夜は38.8度にまであがってしまい、座薬を入れて寝かせたものの、熱はたいして下がらず寝苦しそうに何回かぐずっていた。
日曜になり、熱は37度台になったけど、まだまだ心配なので入院した病院の日曜の救急小児科外来に行くことにしました。咳もひどいから肺炎が悪化したのかも…と思い、入院覚悟で行きました。ゆうちゃんはすっかり病院嫌いになってしまい、タクシーに乗るときに泣き始めた。子供なりにタクシーに乗って病院に連れていかれて、怖いっていうのがインプットされてしまったみたい。それほど神経質になってしまって…まだ小さいのに可哀相。
救急だけど、診てくれるのは小児科でゆうちゃんの担当の先生だったから、一安心。ゆうちゃんは大騒ぎで物凄い泣いていたけど。診察の結果は土曜まで処方された抗生物質を飲んでいたことを考えると違う風邪のウィルスに感染したのではないか、という答えで予想外にあっさりしていた。たいしたことなくて良かったけど。

ほっちゃんは朝からじぃじに預けっぱなし。もともと一緒にお昼を食べる予定だったから、事情を話し早めに預かってもらうことにしていた。公園で自転車に乗って走り回り、おそばやさんに行き、おもちゃを買ってもらい、大満足で帰って来た。助かった。じぃじに感謝!

私はペン太郎がいるから、病院から帰り、溜まっていた看病疲れや寝不足を解消するため、子供達と一緒に昼寝。ペン太郎も仕事で忙しく体も疲れているけど、私を休ませてくれた。ありがとう。私は動けないくらいぐっすり…。途中、寝相の悪い子供達に蹴られながら。夜も寝かせつけたまま起きれず、なんだか一日寝ていた感じです。
[PR]
by akitsuji | 2007-06-26 22:17 | 日記

一応、元気になりました

f0040148_2129576.jpg

ゆうちゃんのことでは、たくさんご心配をおかけしました。ありがとうございました。
今日病院に行って診てもらったところ、経過が良いということで残っている抗生物質を飲み切ったら、治療は終わりということになりました!肺炎はレントゲンでないと完全には分からないけれど、この十日で三回もレントゲンをしているから、経過を見るだけのためにレントゲンを撮るのはやめましょう、と言ってくれて、聴診器だけで判断してくれました。耳鼻科でも、ずいぶん良くなっているから、これで終わりでいいということで、ゆうちゃんはようやく病院通いから解放です。よく頑張ったね、ゆうちゃん!毎回先生を見ただけで大泣きだったもんね…とにかく、良くなって良かった。長かったなぁ。
[PR]
by akitsuji | 2007-06-22 21:29 | 日記

19~20日

ほっちゃんはあまり熱も上がらず、微熱の状態が続きました。でも何となく顔色も悪く、疲れているようだったからお休みしました。本人も前の日からお休み宣言していたから、朝から何も支度しない感じ。やれやれ。
ほっちゃんも入院している間は寂しくて、たくさん我慢して頑張ったから、疲れが出たのだと思う。そして甘えたかったみたいで、やたらベタベタしてきた。私も出来る限り甘えさせようと思ったけど、目ざとくゆうちゃんがまとわり付いてくる。ママはモテモテで嬉しいけれど大変だわ。

翌日には熱がなかったけれど、やはり顔色が悪くて、ほっちゃんも休みたいというので休ませました。
夜はばぁばたちが日帰りバス旅行で蛍狩り。だからばぁばたちがいる間にゆうちゃんのシャワーなどを済ませ、夜は親子三人でのんびり過ごしました。


このところ病院や病気など明るい話題が少ない…。しかし!中学からの親友二人がほぼ同じくらいにオメデタ報告をしてくれました。ヤッターこれでママ友にもなれるわー。私の周りは既婚者が増えてはいるけど、なかなかママはいなくて寂しかったから、とーっても嬉しい!
嬉しいついでに、便乗で発表しちゃいます。私も三人目を妊娠し、既に五ヶ月。blogをみて薄々気付いている人もいたみたいですが…さすがに予定外で決心がなかなかつかない時期もあり、しばらく発表は見送っていました。でも、親友二人が同じくらいに出産することも分かり、なんだか心強く、嬉しい。数人の親友や妹や母、そしてペン太郎に支えてもらい、頑張ることを決められました。ありがとう。
19日は検診で超音波で赤ちゃんと久々の対面。やっぱりお腹の中で元気に動いているのを見ると愛おしい。もっと強くたくましい母を目指して頑張らなきゃ!だって、私を選んでくれた子たちだもん。
体調が悪い(つわり)とき、心配をかけてしまい、ごめんなさい。今は看病疲れはあるものの、自分の体調どころではなく、家族を元気にしなきゃいけないから、気力と気合いで大丈夫!元気です!
[PR]
by akitsuji | 2007-06-21 21:18 | 日記

経過

月曜の朝、ほっちゃんは少し熱っぽい。本人は夜中にまた影のお化けをみたらしく、怯えてうなされていたらしい。ペン太郎も何度も起こされ、朝はヘトヘトで可哀相だった。朝ごはんを食べ始めると元気な様子。しかも制服に着替えていた。休まなくていいのか?と思ったけど、熱も36.8度で微熱程度だったから行かせることにした。念のため先生にお手紙を書いて熱が出るようなら迎えに行くので、様子を見てくださいと。
そんな状態のほっちゃんよりも早く、ゆうちゃんを連れて病院へ出発。レントゲンを撮ってからの診察だったから、診察よりも一時間早く家を出た。小児科では問診、診察とたいしたことはしないのに、ゆうちゃんは診察室に入った途端から大泣き。レントゲンの結果としては、以前と変わらず…肺炎は良くなってないらしい。もうこの十日の間にレントゲンを三回も撮った。体に良くないから結果があまり変わってないと聞くとがっかり。心配。そして、入院中の薬の話。たちの悪い肺炎球菌というのは聞いていたんだけど、抗生物質の一覧(肺炎に使われる)で、ゆうちゃんの肺炎球菌に効くのはわずか数種類で、そのうち子供に使えるのは二つだけ。その二つを点滴と飲み薬で使っていたということでした。怖い。中耳炎のほうも変わらず、薬で良くならなければ、また切開して、今度は膿がたまらないようにパイプを通して膿が常に出るようにするということでした。これも怖い。早く治ってよぉ…。
家に帰り、お昼を食べ、ほっちゃんのお迎えの30分くらい前に、何気なく携帯をみると幼稚園から留守電が!しまった、音を消したままで気付かなかった。慌てて幼稚園に電話すると、お弁当の時間ぐらいから様子がおかしく、熱を測ると38.5度もあったそうです。それでも今は元気にお友達と遊んでますのでバスのお迎えよろしくお願いします、と。あー、ほっちゃんに悪いことしちゃった。ほっちゃんをバスまで迎えに行くと「待ってたのに…」と言われ、さらに罪悪感。「ほっちゃんは熱だから明日は休む!」と。やれやれ。
夕方病院に連れていくと扁桃腺が赤いということでした。熱はさほどではないけど、ずっと寂しい思いをしていたし、たくさん我慢もしてきたから精神的な疲れも出てきたんだと思う。ゆうちゃんは病人だけど、すっかりみためには元気だし、ほっちゃんを甘えさせてあげようと思った。
[PR]
by akitsuji | 2007-06-18 23:51 | 日記

日曜日

プレーバックもしないといけないんだけど、どんどん日記と掛け離れてしまうので、ひとまず日曜日から。

日曜日は前からジブリ美術館に家族で行く予定でした。しかし、ゆうちゃんは昨日退院したばかりで、電車に乗せるのも、遠出するのも、人込み(特に子供が多い)に行くのは無理だから、残念だけどゆうちゃんと私はお留守番。ペン太郎も土曜日は出勤だったから貴重な日曜日なんだけど、淋しい思いをしていたほっちゃんのために頑張ると言ってくれ、連れていってくれました。ほっちゃんは「ママも一緒がいいなぁ」と少し残念そうでしたが、元気よく出掛けていきました。
ゆうちゃんは家に帰ってきたことを満喫して、元気そうにしていました。病院ではママばかりだったから、ばぁばやおばに甘えまくりで楽しそう。熱も出ないし一安心。私は自分のベッドがあまりに快適で幸せを感じました。もう入院は勘弁です。
ほっちゃんたちが5時ぐらいに帰宅。ペン太郎は大変だったみたいだけど、ほっちゃんはそれなりに楽しんだみたい。短編の映画が今『めいとこねこバス』というトトロの好きなほっちゃんにはたまらないと思って、私が予約したので、その映画を観て楽しんでくれただけでも私は満足!私も観たかったけど。お土産のパンフで我慢。
そして夜、なんとなくほっちゃんが熱っぽい。今度はほっちゃんかー?と困ったけど、ペン太郎が看てくれることになり私は早めに寝かせてもらうことにしました。
[PR]
by akitsuji | 2007-06-18 23:50 | 日記
8日は調子よく帰って来てしまった…しかし、夕方の昼寝から目を覚ますとまたまた39度近い熱が出てしまった。もう昼間に行った病院は終わってしまい、明日もお休み…仕方がないので座薬でひとまず熱を下げた。明日(9日)も熱が出たら、救急病院に行くと決めた。夜中は座薬のおかげで熱も下がっていたけれど、やはり朝にはまた熱が…。熱は前のように40度近くまでは出ないものの38度を超えていて、救急で病院に行くしかなかった。
お祭りが金曜日から始まり、ペン太郎も一緒にいられると、ほっちゃんも楽しみにしていたのに、みんなでバタバタとしてかまってあげられず、とても可哀想だった。
昼近くに日赤の救急に連絡して、そのまま行くことになった。ばぁばも来てくれることになった。私としてはペン太郎にほっちゃんをみていてほしかったけど、ペン太郎もゆうちゃんが心配で、一緒に来たいようだったから、ほっちゃんは伯母に預けることにして、急いで向かいました。日赤ではさほど待たずに小児科に通された。先生に今までの経緯と状態を話し、飲んでいる薬や、血液検査の結果などを見せた。血液検査の結果をみて「なんで入院しなかったの?入院って言われたでしょ?」と突っ込まれた。やはり検査結果を見る限りそういう判断なんだ、と後悔。そして、診断してもらうと…意外な答え。「中耳炎がひどいね。パンパンに右耳が腫れてるよ」と。私たち誰もが、中耳炎はこの前の切開で治って終わったと思い込んでいて、肺炎がよくなくて熱を起こしてると思っていたので「!?」って感じ。先生によると「これだけ中耳炎が悪かったら、血液検査でもそのくらいの数値は出る」ということ。そして「中耳炎は耳鼻咽喉科で専門的な治療で小児科では処置できないから、他の病院に行くのを薦めます」と。こんな土曜の休みの日にどこ行けばいいの?????先生の話によると、大きな声では言えないけど、表向きに言ってないけど知る人ぞ知る耳鼻科も受け付けてくれる病院が2つほどある、と教えてくれた。でも、こちらからは紹介することは出来ないと言われ、ひとまずその2つの病院の電話番号を調べ、電話してみることに。J医大病院に電話すると、やはり救急で対応するという答え。耳鼻科は本当にやってくれるのか不安に思いながらも向かってみることに。
J医大病院に着くと大学病院だからなのか、先生がたくさんいた。救急では様々な人が待っていた。ゆうちゃんは熱と眠さでぐずっていた。結構待ったけど、名前を呼ばれ、診察に行くと救急の部屋ではあるものの、耳鼻科の先生が対応してくれた。診察の椅子に私がゆうちゃんをだっこして座り、そのまま押さえ付ける感じ。もちろん、ゆうちゃんは前にも経験しているし病院をすっかり嫌いになってしまっているので大泣きで大暴れで大騒ぎ。片耳が終わったら、私では厳しいからだっこをペン太郎に変わってもらった。今回は膿を吸引しないで、切開したまま、膿を自然に出すようにしてくれた。前回の切開で、穴が小さかったのか、ゆうちゃんの再生力が早かったのか、膿が出切ってしまう前に穴が塞がって、さらに悪化したのではないかということでした。ひとまず、これで一安心。あとは薬で治ればいいなぁと思った…。(甘かったようです)
こんなに大きい病院をまさかはしごするなんて思わなかった。診察券も増えてしまった。でも、勉強になった気がした。
翌日の日曜日は、熱もなく安定していたけど、まだまだ心配だから家でお留守番。お祭りだけど仕方がない。私も我慢!
[PR]
by akitsuji | 2007-06-17 22:55 | 日記
さてさて病院編ですが、本当に長いです。振り返りたくないくらい…。忘れていることもあるし、適当に省いちゃうと思います。

先月末からゆうちゃんは鼻風邪で近所の小児科に通っていた。本当に鼻風邪だけで、こんなことになるとは思わなかった。今月に入り、近所の小児科でなかなか治らないから休診日以外は毎日、鼻吸いに行きました。ゆうちゃんは泣いて嫌がったけど、早く良くなると思って通い続けました。そして5日もいつも通りに鼻吸いに行き、病院の診療時間も終わる頃にゆうちゃんがぐったり。熱が39.5も!!!急いで病院で診てもらうと右耳が中耳炎。抗生物質と熱冷ましを処方してもらい帰宅。翌6日は小児科の病院はお休み。ひとまず処方された薬と座薬で様子をみることに…。座薬を入れると熱は一時的に下がり元気になるけど、薬がきれるとまた熱があがる…。それの繰り返し。熱もかなり高く40.5までいってしまうときもありました。その後は40度前後。参った。

f0040148_2302985.jpg7日 朝一に小児科に連れていくと、あまりの悪化にレントゲンを撮った。肺の方も影が出来て、肺炎も起こしているようでした。点滴をした方がいいけれど、大きな病院の方が良いと言われ、紹介状をもらいゆうちゃんを生んだ病院に行くことに。付き添いに妹も来てもらい、伯母には留守番を頼みました。
最初に耳鼻科に行くと中耳炎ということで、すぐに膿を出すことになりました。膿を出すには鼓膜をちょっとだけ切開し、膿を吸引するのですが…ゆうちゃんはまだ小さいし、怖がって大暴れで、大泣き(当たり前だけど)なんだけど、押さえ付けないと鼓膜切開するのに危ないし、私も可哀想に思いながらも必死で押さえました。右耳はけっこうたくさん膿が出ました。見ているだけでも怖かった。ゆうちゃんはもっと怖かっただろうなぁ。
その後11時半ぐらいに小児科に行ったのですが、午前の診察は終わったから午後になると言われ、さらに検診の日だから、その後の3時くらいからになると思います、と受付のお姉さんに言われてしまった。先生も看護士の人もいなくて、確認できないから勝手な返事は出来ないと言うのです。それもそうなんだけど…。妹が40度も赤ちゃんが熱あるのに、なにも診てもらえないんですか???少しでも早く診てもらうことは出来ないんですか???としつこく聞いてくれ、30分ぐらい時間を潰していたら、看護士の人が40度ある赤ちゃんを待たせられないわ、と言って急いで来てくれ、その後優しそうな先生も来て診てくれました。
ひとまず、血液検査と咽から細菌検査をしました。血液検査は看護士さん二人と先生と三人掛かりでやっていました。その間、理由は分からないけど、私も妹も部屋の外に出され、中の様子はゆうちゃんの叫び声で先生方の格闘がうかがえた感じ。大変だったと思う。血液検査の結果、かなり悪くて入院を勧められました。が、今日点滴して薬を飲み、明日また病院に来てからの様子をみて判断することも可能ですと言われ、つい楽な方にしてしまいました。(これがまずかった)そして抗生物質の点滴をしてくれました。
翌日までかなり調子も良く、ゆうちゃんも元気になったなぁと喜んで、病院に行っても熱もないし、元気だから入院はしないで済みました。安心安心…したのも束の間。夕方になりまた高熱が出始めた。なんで〜〜〜。(つづく)
[PR]
by akitsuji | 2007-06-17 22:50 | 日記
ゆうちゃんは今日(16日)ようやく退院できました。入院生活はまた後日の更新で…。

6月8〜10日 S神社のお祭り
今年は皇室の悠仁様の誕生を祝って、久し振りの千貫神輿(江戸時代の古くて重い、なかなか外に出さない由緒あるお神輿)が出るということで、かなり私の中では盛り上がっていました。私が覚えてるのは約20年くらい前かな。
しかーし。ゆうちゃんの具合が良くならず、お祭りにはほとんど参加できず、土曜日なんて救急病院のはしごで大変なことになってしまいました。お祭りどころじゃなく、タクシーで病院に駆け込んで大騒ぎ。ほっちゃんには可哀相だったけど、おばやはとことお祭りを回ってもらいました。
日曜はゆうちゃんがさすがに落ち着いてくれたけど、人込みには出せないから私も一緒にお留守番。寂しかった…。だけど、うちの前(山手通りの片車線を止めて!)を中神輿が通ってくれて、嬉しかったぁ。ゆうちゃんにも見せてあげられたし。f0040148_22124522.jpg
気分が盛り上がってきたら、夕方ばぁばが浴衣を着させてくれて、一時間ぐらいお祭りに行って来ていいと言ってくれたので、お言葉に甘えてゆうちゃんを預けてペン太郎とお祭りデート。大急ぎで神社にいき、お参りをして、お店を見て…すると、小学校からのお友達のほんちゃんファミリーとばったり会った。久々だったから、妹夫婦も交えてお茶した。途中ばぁばから連絡があり、ゆうちゃんが昼寝したからもう少しゆっくりしていいとのこと。ラッキー!楽しくおしゃべりしてバイバイ。その後、親戚のところにほっちゃんを預けていたから引き取りに行くといなくて、他の親戚のところをのぞきに行った。ほっちゃんはいなかったけど、はとこのゆきちゃんがいた。妹の結婚式以来で、結婚式のときは久し振りなのにほとんど話も出来ず、残念だったからちょっとだけ立ち話をした。もっとたくさん話したかったけど、ほっちゃんも家に戻っているようだったので、早々に切り上げた。
時間的に千貫神輿が見れそうだったけど、ゆうちゃんの調子も悪いから預けっぱなしには出来ず、後ろ髪ひかれながら帰宅。夕飯を食べ、外は盛り上がっている様子。ペン太郎も見たことないから見たいなぁと言っていたから、間に合わないかもしれないけど走って見に行った。宮入も終わり、トラックに乗せられるところだったけど、久々に千貫神輿を拝むことができた。やっぱりかっこいいわ。
今回のお祭りはやや消化不良気味だったけど、来年こそは家族揃って楽しみたいものだわ。
[PR]
by akitsuji | 2007-06-16 22:31 | 日記